ペイントホームズ
石狩店

塗装工事を行わないとどうなる?!

外壁塗装とは家の外壁に塗膜を作って雨や紫外線から守ってくれる役割があります。劣化は徐々に進むため、塗装を後回しにされがちです。今回は塗装の必要性や塗装をしなかったらどうなるのかをお伝えしていきます。

(塗装の役割)

・美観の維持➡劣化が進むと色褪せてきたり塗膜にヒビが入ったり剥がれたりと外観がボロボロになってきます。家を綺麗に見せるため、塗装をすることで美観を保たせます。

・防水➡塗装されていない外壁材は防水機能がありません。また、塗膜が劣化すると防水効果を十分に発揮出来ず雨水を吸収してしまいます。塗装をすることで外壁材に水が入ってくるのを防ぎます。

・家を長持ちさせる➡劣化した壁に紫外線や強い風が当たり続けると劣化が進行していきます。雨漏りやカビが繁殖すると外壁材が長持ちすることはなく、家の寿命が短くなります。塗装することで、雨漏りやカビの繁殖を防ぎます。

(塗装しなくてもいい外壁材)

塗装しなくても大丈夫な外壁材はタイルやレンガです。

元々防水性がある素材で耐久性も抜群なため塗装を行わなくても雨漏りやカビ、腐食の心配がないからです。

(塗装を行わなかったら・・・)

・色褪せ➡塗装したての鮮やかな色が紫外線などにより劣化し褪せてしまいます。

・苔、カビの繁殖➡日が当たらない面の部分はカビや苔が発生しやすく、湿気が多いため防水効果も落ちていきます。

・コーキングひび割れ➡経年劣化や紫外線を浴びコーキングが固くなりひび割れを起こします。雨漏りの原因になったり地震などの揺れに耐えれなくなってしまうことがあります。

・シロアリの被害➡塗膜の下にある外壁材が出てきて腐敗した壁にシロアリが寄ってきます。シロアリから家を食べられると柱や壁が脆くなり災害時に耐えることは出来ないでしょう。

まとめ

塗装工事には意味があります。建物は自然環境にさらされ、日々劣化が進んでいます。建物を守るためには、塗装のメンテナンスは欠かすことのできない工事です。ご自身で簡単に建物の状態をチェックすることもできますので、ご自宅を確認してみるのもいいでしょう。もちろんプロに相談されてもいいと思いますよ。