ペイントホームズ
石狩店

10年で塗り替えをすることで工事金額を抑える方法

塗り替えを10年おきに行うことで将来的に工事金額を抑えることができるということを知っていますか?使っている塗料の耐久年数や周囲の環境によって塗膜の寿命は様々ですが塗膜の寿命平均は10年と言われています。

早めの工事を行うことでこれからかかる費用や建物の劣化を抑える効果があります。

*防水効果の回復…外気に晒された塗膜は劣化し防水機能が低下していきます。塗装工事を行うことで機能が回復し再び雨や湿気から守ってくれます。

*微生物の侵入を防ぐ…塗膜は機能が失われるとカビやコケなどの微生物が付着しやすくなり、そこで根を生やしてしまいます。外壁にまで根が到達すると腐食したり痛んだりします。

*美観の維持…色褪せやひび割れなどの劣化は見た目が損なわれます。塗装工事は見た目を良くさせる効果があり塗装し直すことでいつまでもキレイな外観を維持できます。

*修繕費用を削減…定期的な塗装メンテナンスで建物の状態を維持することができます。10年に1度の工事では大きな劣化などが少ないため修繕費の発生を防ぎます。

塗装工事が10年と言われる理由はこのような理由でした。10年で塗り替えをすることにより住宅の寿命を延ばし未然にトラブルを防ぐことで大きな費用が掛かることを防ぐこともできます。