ペイントホームズ
石狩店

どうして10年?塗装の頻度の謎

外壁塗装の寿命は10年と言われていることは知っていますか?それは全ての外壁が10年と言うわけではなく、しっかりとした理由があります。今回は10年と言われる理由についてご説明します。

<築10年で劣化現象が現れるから>

家を建てて10年ほど経つと色褪せ、ひび割れ、チョーキング、塗膜の剥がれなど目に見える劣化が起こりだします。一般的に新築の建物には耐久性の低い、寿命がおおよそ10年程度とされる塗料が採用されているからなのです。

<選定されやすい塗料が約10年ほどだから>

近年ではコストパフォーマンスが良いとされているシリコン塗料が人気で、外壁に使用している住宅は多いかと思います。耐久性は7年~10年ほどで塗装工事を行うなら丁度良い頻度で行えます。10年と言われ出した理由にもシリコン塗料の耐久年数が関係しているからなのです。

塗料によっては10年以上持つものがあり工事頻度もバラバラです。耐久性が高い塗料は10年ごとに塗装を行うことで劣化を早く止めることができます。今回はなぜ塗装工事は10年と言われるのか、の理由についてご説明しました。