ペイントホームズ
石狩店

外壁塗装にウレタン樹脂塗料はあり?なし? 費用と耐久性のバランスを考える

外壁塗装を検討する際、予算を抑えつつ品質を確保したいというお客様の要望をよく耳にします。そこで注目されるべき一つの選択肢が「ウレタン樹脂塗料」です。

この記事では、ウレタン樹脂塗料の特長と注意点について解説します。

*特長*

経済的な選択: ウレタン樹脂塗料は一般的な塗料の中では比較的単価が安く、予算を抑えたい方におススメです。

優れた伸縮性: 塗料の中でも樹脂が柔らかく、伸縮性に優れています。これにより、塗膜がしなやかでひび割れが起こっても密着度が高く、ひび割れが広がりにくい特徴があります。

木部やひび割れ箇所に適している: 木部やひび割れしやすい箇所の塗装に適しています。光沢があるため、高級感を演出したい場合にも利用できます。

●注意点

・ウレタン樹脂塗料は紫外線の影響を受けやすく、変色しやすい傾向があります。耐久性はシリコン塗料に比べ下位で、一般的には8年以下とされています。

・光沢保持率はシリコン塗料に比べて2割ほど低くなります。そのため、長期的な美観維持が難しいと言えます。

・ウレタン樹脂塗料はシリコン塗料よりも耐久性が劣ります。再塗装が頻繁に必要となり、結果的に維持費用が増加する可能性があります。

まとめ:

ウレタン樹脂塗料は、予算を抑えつつ柔軟性や光沢を求める方に適した塗料です。ただし、耐久性や紫外線への弱さには留意が必要です。建物の用途や予算によって適切な塗料を選択し、美しい外観を長期間維持することが重要です。